作業員

重要な働きをする流量計!農業や水力発電で適切な水量を測定する

必要分の原料土を作り出す

工事現場

掘り起こした土を有効活用

土木や建築の現場では、大量の土を出してしまうことが多いです。なぜなら、地面に向けて柱をたてたり、基礎工事を遂行したりするからです。その過程で、現場内の土を掘り起こしてしまい、どう処分すればいいのか迷ってしまうでしょう。そんな時こそ、土質改良機の出番です。掘り起こした土を土質改良機に入れてしまえば、不要な小石やゴミを取り除いて他で活用できる土に変化させてくれます。そうなると、現場で良質の土が必要になった際には役立てられるのは間違いありません。しかし、土質改良機を想像すると、巨大な機械を彷彿してしまいます。そのため、現場には設置できないから導入するのは難しいと判断しがちになります。ですが、最近のものなら、移動が自在にできるタイプもあるので、工事現場でスペースを取らずに良質な土を量産出来ます。現場で出た土をリサイクルして建物建築や土木作業で活かせるのは確かです。

どんな土室でも柔軟に対応

移動が自由にできる土質改良機の力は、どんな土質でも対応してくれます。どのようなものかというと、硬い粘土質のものです。硬いタイプの土だとふるいにかけても時間がかかりそうな印象を抱いてしまいます。ですが、特殊な形状のミキサーを内蔵しているタイプのものなら、硬い粘土質の土でも簡単に原料土に変化させられます。そうなると、セメントを作る時に必要な柔らかめな土をすぐに準備できるので、コンクリート塀が手間無く作り出せます。どんな土質でも対応可能な土質改良機を利用して、土木や建築現場での作業をスムーズに進めましょう。